〈トップ〉

日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その1
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その2
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その3
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その4
◆日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その5
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その6


〈日本機械学会論文発表〉

日本機械学会第1回論文発表 
日本機械学会第2回論文発表
◆日本機械学会第3回論文発表
日本機械学会第4回論文発表


〈図版〉

◆ 「日遊協」2011年10月号掲載、論文発表記事
「遊技通信」2011年11月号掲載、論文発表記事

 
〈著書〉

『パチンコ誕生 シネマの世紀の大衆娯楽』
『戦前からあった台湾のパチンコ』


更新情報


プロフィール

日本機械学会第3回論文発表


   パチンコ台の歴史からみた技術と社会の連関

  (第3報 「球遊機」と菓子の自動販売機能)


 これは、2012年3月10日に金沢工業大学で講演したものである。
 第1報と第2報で、パチンコの元のウォールマシンが輸入され、それを元に日本製ウォールマシン(球遊機)が作られた経緯について語った。
 今回は、入手した実物の球遊機により、パチンコの創業者、オーエヌ商会の日本初のウォールマシン特許と、日本娯楽機製作所の球遊機との関係を明らかにするとともに、球遊機がパチンコタイプの菓子販売機に移行する経緯と、娯楽産業の歴史を考察。


以下、PDFをお読みいただきたい。


日本機械学会第3回論文発表



 











*無断での転載を禁ずる。

                                              先頭へ 前へ 次へ 末尾へ