カジノ法制定記念≪日本パチンコ伝≫









〈トップ〉

日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その1
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その2
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その3
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その4
◆日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その5
日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか?その6


〈日本機械学会論文発表〉

日本機械学会第1回論文発表 
日本機械学会第2回論文発表
日本機械学会第3回論文発表
日本機械学会第4回論文発表


〈図版〉

◆ 「日遊協」2011年10月号掲載、論文発表記事
「遊技通信」2011年11月号掲載、論文発表記事

 
〈著書〉

『パチンコ誕生 シネマの世紀の大衆娯楽』
『戦前からあった台湾のパチンコ』


更新情報


プロフィール


<日本にカジノができたら、パチンコはどうなるのか? その5>







◎カジノ議連がカジノ推進法案を正式決定



 カジノ議連(国際観光産業振興議員連盟)は、12日に総会を開き、今国会に議員立法として提出する予定のカジノ推進法案と、カジノ業者を免許制にして査察官に逮捕権をもたせるなどの議連実施要綱案を提出することを正式に決定。来年の通常国会で成立を目指すという。


             2013年11月13日産経新聞より


 産経新聞の、この記事の注目すべきところは、「カジノ解禁に向け想定されるスケジュール」をわかりやすく表にしていることである。これによれば、

・平成25年の本臨時国会でカジノ推進法案(議員立法)提出。
・平成26年5、6月?頃、通常国会でカジノ推進法を成立させ、内閣に推進本部や推進会議を設置。
・平成27年5、6月?頃、通常国会でカジノ実施法(閣法)成立させ、実施区域や業者を選定。
・平成32年夏、東京五輪開催。カジノを開業。

ということである。

 カジノ第1号をどこに置くかで、にわかに活気づいてきた感がある。東京の台場には三井不動産と鹿島、フジテレビが整備計画を共同提案している。確かに東京オリンピックに向けてのカジノであれば、台場はふさわしい。
 一方、長崎県佐世保市のリゾート施設ハウステンボスを運営するエイチ・アイ・エスも名乗りを挙げている。
 長崎は、鎖国時代、唯一の外国貿易の窓口であった。出島のオランダ商館には、バガテール台が置かれていた。手慰みの賭けゲームが行われていたことであろう。
 パチンコの元のウォールマシンは、バガテールを立てたことにより始まった。ウォールマシンは日本に伝来し、日本製ウォールマシン「球遊機」となり、パチンコへと発展する。
 


●日本機械学会第3回論文発表
「パチンコ台の歴史からみた技術と社会の連関(第3報 「球遊機」と菓子の自動販売機能)

 
 日本機械学会第3回論文発表



 
           

*無断での転載を禁ずる。
  
                                     先頭へ 前へ 次へ 末尾へ