パチンコ誕生博物館へようこそ!!

展示
展示@
展示A
展示B
展示C
展示D
展示E
展示F
展示G
展 示E  第5室 2階玄関



現存最古のおもちゃパチンコと変わりダネパチンコ

パチンコは誕生以来、玉を打って飛ばすところから、野球をテーマにしたものが多く作られている。
進駐軍から駐留軍へと移行する1952(昭和27)年、子供の遊戯器にも、野球をテーマにしたものが多く、ここではおもちゃの野球パチンコをまとめて展示した。
またこのコーナーは、一般にはあまり見ることのできない変わりダネパチンコ2台と、戦前からの童画の流れを示す、入賞口に動物の絵の付いた台も展示している。



現存最古のおもちゃパチンコ




れは1930(昭和5)年から数年の間に作られた、超特急つばめが描かれたおもちゃパチンコである。台には「乗物アソビ」とあるが、共箱には、「パチパチ遊び」とある。
このおもちゃパチンコが、なぜ現存最古かということは、ご来館いただいた折、ご説明致します。



戦前のおもちゃパチンコ





木製の入賞口には、ネズミ、ウサギ、犬、象が付いている。
ネズミはどう見てもミッキーマウスである。
ミッキーは1928(昭和3)年に誕生した。戦前のミッキーの目は黒色のみであった。



戦後のおもちゃパチンコ

昭和20年代、おもちゃのパチンコは、押し並べて、野球をテーマにしている。


赤バットの共箱のある
「野球パチンコ」
赤バットはもちろん川上哲治。
ちなみに青バットは大下弘。

どう見てもパチンコだ
が、本体に「ピンボール
ゲーム」と記されてい
る。
記されている文字は、ずばり「ベースボールゲーム」。




               

進駐軍クラブの遺物も共に展示。






かつて横須賀にあったEMクラブの遺物。



変わりダネパチンコ@ モダンタイプオール15




1952(昭和27)年頃。メーカー不明。
後に正村ゲージといわれるゲージ配列の、モダンなデザインのパチン
コ台。

輸出用に作られていたというが、観光ホテルの遊戯室等にも置かれて
いた。観光ホテルの広告も共に展示。



変わりダネパチンコA 香具師パチンコ
現存最小の営業用パチンコ台




1951(昭和26)年前後。メーカー不明。
これは、通常のパチンコ台より二回りも小さく、持ち運びに便利で、香具師営業に使われたと考えられる。
私が撮影した地元横須賀での露店パチンコ風景も共に展示。











1997(平成9)年7月の、横須賀市久里浜の八幡神社の祭礼時の露店パチンコ




入賞口に手描きの動物の絵のついたパチンコ台

 
 
吉本三平の「コグマノコロスケ」や、村山知義らの戦前の童画の流れ
を示す、動物の絵のパチンコ台。

名古屋ミリオン商会製オール15。
1952(昭和27)年。
当時は、子供でもパチンコ屋に入れた。